システムエンジニアになるには基礎が大切

システムエンジニアはクライアントの要望をヒアリングし、問題を解決することができるハードウェアやソフトウェアの開発設計を行う職種です。プログラマーの職種と混同されがちですが、プログラマーは設計書に基づいてプログラミングを行うのに対し、システムエンジニアはプログラミングなどの実作業よりも設計書や仕様書などのドキュメント策定を多く担当します。

ただし、プログラムで何ができるのか把握しておかなければシステムの設計をすることは難しいため、プログラマーとして経験を積み、SEへとキャリアアップする例も少なくありません。システムエンジニアになるにはプログラミングやデータベースの知識、情報処理などのシステム設計に関する知識が必要です。

専門学校や職業訓練などで専門課程を学び、企業に就職するケースが多く見られます。知識や経験を不問とし、ポテンシャル採用を行う企業もありますが、その場合は先輩スタッフの方にOJTでプロジェクト業務を体験することになるでしょう。どちらの場合でも、SEはシステム開発における上流工程の職種であるため、高度なスキルが求められます。業務システム系の開発であれば、クライアントとの要件定義をもとに、アプリケーションの動作環境を確認し、業務要件に応じてパターンを洗い出し、全ての成否を設計書や仕様書に落とし込むことが必要となります。また、クライアントは開発のプロではないため、成果物に必要な要求仕様をクライアントから引き出すコミュニケーション能力もSEには必要とされています。